雑談雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 議論から逃げる事が民主党の戦略なのか!

<<   作成日時 : 2006/10/19 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「麻生外相、「核保有論議封殺しない」」(asahi.com 10/19)
 上記の記事の中、麻生外相はこう述べたと書かれている。
 「日本は言論統制された国ではない。言論の自由を封殺するということにくみしないという以上に明確な答えはない」
 当然の意見だと思う。
 私は、日本の核武装には反対だ。
 核兵器は世界から廃絶されるべきだと思っているし、仮に日本が持っても、北朝鮮のように経済制裁を受ければ、あっと言う間に日本は崩壊してしまう。
 たった一品目。石油の輸入を止められたら、それで終わり。
 ピストル一発打つ事もなく、日本は白旗だ。
 しかし、核武装をするか否かという議論まで廃絶するつもりはない。
 日本には言論の自由があるからだ。
 「核武装するんだ!」という意見には、「それはダメ!」と堂々と反論すればいい。
 だが、その議論自体ダメだと言うのは、日本の将来を議論して決めていく政治家として、責任放棄だ。
 多少は反論意見として、「議論する事すらけしからん」という事を言ってもいいかもしれないが、その事を使って国会を引っ掻き回すべきではない。
 時間の無駄だ。
 それとも、都合の悪い事柄については、議論自体、意見自体を消し去る事が民主党の戦略か?
 それが政治家のやる事か?
 議論する事も、問題について考える事もしない。
 野党なら、閣僚や与党を攻撃するためになりふり構わないなんてのは、昔の弱小野党根性が抜けていないのではないだろうか。

 民主党には、揚げ足をとって喜ぶような事はせず。
 正々堂々、政権与党と戦っていく党になってもらいたい。

 上記記事中より
 「民主党の高木義明国会対策委員長は19日の会見で「閣内が一致しているのか、はっきりさせるために予算委開催も求めていきたい」」
 との記述があるが、内部で政策や意見が一致しているかどうかはっきりさせたほうがいいのは、民主党自身だと思う。
 民主党さん、しっかりしてください。ホントに・・・。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
議論から逃げる事が民主党の戦略なのか! 雑談雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる